A.

長期間保管している間、保管上の安全性を確保し、バッテリー寿命が短くなるのを防ぐため、バッテリー残量が約50%になるまで自動的に自己放電を行います。このプロセス中、バッテリーが発熱して僅かに温かくなりますが、異常ではありません。