A.

1.タイプラプスは、OM 5を三脚かベースに取り付け、画面は固定された状態で、時間の経過を記録するのに最適です。

2.モーションラプスは、カメラの経路ポイントを設定して、タイムラプス動画に動きを加えた状態で撮影できます。

3.ハイパーラプスは、ジンバルを持って移動しながら通過するものをすべて撮影していきます。ActiveTrack 4.0を使うと、撮影の幅が広がります。