Care Refresh

サービス内容

Care Refreshは、お使いの製品に故障が発生したときに、少額の費用でリフレッシュ品*と交換することができるサービスです。

*リフレッシュ品とは……DJIの出荷基準を満たす新品、もしくは新品同等の製品です。性能及び安全性に影響しない小傷等がある可能性があります。

自然故障以外でもOK

操作ミス、信号干渉、衝突、水没、落下による破損等でも交換可能です。
対象機種に限り、機体を紛失した場合でも交換できます。

VIPサポート対応

DJI製品の専門スタッフによるサポート・修理対応を優先的に受けることができます。

送料無料

サービス利用時のすべての配送費用はDJIが負担します。

選べる保証プラン

1年版と2年版のどちらかをお選びいただけます。
リフレッシュ品との交換は、1年版なら最大2回、2年版なら最大3回まで利用できます。
また2年版では、メーカー保証が通常1年間のところ2年間まで延長されます。

1年版 2年版
有効期間 1年間 2年間
リフレッシュ交換回数(最大) 2回
うち飛行紛失による交換は1回まで
3回
うち飛行紛失による交換は2回まで
メーカー保証期間 通常1年間 2年間
(通常1年間+1年延長)
グローバル保証
※対象機種のみ

※対象機種のみ
VIPサポート対応
送料無料

※1年版と2年版はどちらかのみ加入できます。

費用

リフレッシュ品との交換にかかる費用は、製品ごと、交換回数ごとに異なります。
※故障の程度等による変動はありません。

※価格はすべて税込表示です。

Care Refresh(1年版)のサービス加入費用と交換費用
機体名 サービス加入費用 交換費用(1回目) 交換費用(2回目) 飛行紛失時の交換費用
ドローン
Inspire 2 43,791円 37,000円 43,000円
DJI FPV 23,100円 31,000円 34,000円
Phantom 4 Pro シリーズ 25,454円 18,000円 24,000円
Phantom 4 Advanced 19,349円 15,000円 18,000円
Mavic 2 17,314円 15,000円 18,000円
Mavic Pro Platinum 17,314円 14,000円 18,000円
Mavic Pro 16,291円 12,000円 16,000円
DJI Air 2S 11,990円 13,990円 17,990円 59,900円
Mavic Air 2 11,000円 9,900円 12,900円 53,000円
Mavic Air 9,900円 10,000円 12,000円
Spark 6,820円 5,000円 7,000円
DJI Mini 2 6,160円 5,990円 6,990円 29,900円
Mavic Mini 4,400円 4,690円 5,500円
ドローン用カメラジンバル
Zenmuse X7 45,826円 34,000円 43,000円
Zenmuse X5S 31,570円 22,000円 28,000円
ジンバル
DJI RS 2 8,800円 8,500 9,900円
DJI RSC 2 4,400円 4,400円 5,900円
Ronin-S 7,150円 7,020円 8,100円
Ronin-SC 5,225円 5,130円 6,210円
DJI OM 4 1,320円 990円 1,390円
カメラ
Osmo Action 4,950円 4,400円 4,800円
DJI Pocket 2 3,960円 3,900円 5,900円
Care Refresh(2年版)のサービス加入費用と交換費用
機体名 サービス加入費用 交換費用(1回目) 交換費用(2回目) 交換費用(3回目) 飛行紛失時の交換費用
DJI FPV 38,500円 31,000円 32,000円 34,000円
DJI Air 2S 19,800円 13,990円 15,990円 17,990円 59,900円
DJI Mini 2 9,680円 5,990円 6,490円 6,990円 29,900円
DJI Pocket 2 6,600円 3,900円 4,900円 5,900円

加入方法

  1. 対象製品とそれに対応するCare Refreshを同時に購入してください。
    本体購入時にオプションでCare Refresh付きのプランを選んでいただくのがおススメです。
    ※Care Refresh単品でも購入可能です。
  2. 製品到着後、こちらのページにアクセスして必要な情報を入力してください。
    DJI Care Refreshアクティベートページ
    ※入力方法について詳しくはこちら
  3. 申し込み完了後、ご登録いただいたメールアドレス宛にDJI Care Refreshサービス規約が送られます。
    このサービス規約はDJI Care Refreshの購入証明書としての役割もありますので、大切に保管してください。

加入条件

加入には、紐づけする製品が以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 新規購入かつアクティベーションが行われていない製品
  • アクティベート後96時間以内のドローン機体またはドローンジンバル
  • アクティベーションを行ってから30日以内のハンドヘルド機器
  • DJIアフターサービスセンターで修理した製品(修理完了後、サービス購入の通知を受取ってから72時間以内)

ご購入前にこちらの利用規約をご確認ください。

機体交換のお申し込み方法

WEB上でDJIに直接お申し込みください。
DJI公式ウェブサイトでDJIアカウントにログインしていただき、「修理について」の画面内で「オンライン修理受付サービス」を選択して修理の申請を行ってください。
申請後、条件に従って製品をDJIカスタマーサポートに発送することでリフレッシュ交換が行われます。
また、システム上のシリアルナンバーはリフレッシュ交換後の機体のシリアルナンバーに自動更新されるため、お客様による製品とDJI Care Refreshの関連付けは必要ありません。

なお、システムファイブではCare Refreshの有効期限終了後でも当社にて修理対応が可能です(有料)。
DJI認定の整備士が責任を持ってお預かりいたします。ぜひご活用ください。
有料修理受付フォームはこちら

対応パーツ

  • Inspire 2:機体、プロペラ
  • Phantomシリーズ:機体、ジンバルカメラ、プロペラ
  • Mavicシリーズ/Spark:機体、ジンバルカメラ、バッテリー、プロペラ
  • Zenmuseシリーズ:ジンバルカメラ(DJI純正レンズのみ含む)
  • Roninシリーズ: ジンバル本体、グリップ(バッテリーを含む)
  • Osmoシリーズ:本体、バッテリー
  • DJI Pocket 2:本体、バッテリー

グローバル保証

世界各地のDJI公式修理センターでリフレッシュ交換サービス、および保証期間内でのメーカー無償保証サービスを受けることができます。
対応機種:DJI OM 4、DJI RS 2、DJI RSC 2、DJI Pocket 2 (2020年10月時点)

適応条件

  • DJI Care Refreshの有効期間内であること
  • グローバル保証を受ける現地での「リフレッシュ交換条件&メーカー無償保証条件」を満たしていること
  • 製品の購入、DJI Care Refreshの購入、製品のアクティベーションがいずれも同一の国で行われていること

飛行紛失保証

故障時だけでなく、機体を紛失した場合にもリフレッシュ交換サービスを受けることができます。
対応機種:DJI Air 2S、Mavic Air 2、DJI Mini 2(2021年4月時点)

サービスを受けるには事前に機体とDJIアカウント、送信機の紐付けが必要になります。
詳しくはDJI Care Refresh 飛行紛失保証に関するQ&Aをご確認ください。

こんな方におすすめ

  • 始めたばかりで操作に自信がない方
  • 修理時の費用をおさえたい方
  • 修理にかかる時間を短縮したい方
対象製品はこちら 保証プラン単品はこちら

Osmo Shield

サービス内容

Osmo Shieldは、2年間の製品保証および、期間内に故障が起きたとき無償修理(1回)が可能になるサービスです。

通常のメーカー保証が1年間のみのところ、Osmo Shieldへの加入でさらに1年間延長。
合計で2年間の製品保証となります。

この保証期間内に、水没や落下を含む物損故障に対して、1回のみ無償修理サービスをご利用いただけます。

加入方法

対象製品とそれに対応するOsmo Shieldを同時に購入してください。
本体ご購入時にオプションでOsmo Shield付きのプランを選んでいただくのがおススメです。
※Osmo Shield単品でも購入可能です。

加入条件

加入には、紐づけする製品が以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 新品かつアクティベーションが行われていない対象DJI OSMOシリーズ製品
  • アクティベーションを行ってから30日以内の対象DJI OSMOシリーズ製品

ご購入前にこちらの利用規約をご確認ください。

無償修理のお申し込み方法

WEB上でDJIに直接お申し込みください。
こちらのDJIオンライン修理受付けサービスページにアクセスし、「オンライン修理受付」からお申し込みください。
申請後、修正依頼品をDJIカスタマーサポートまでご発送ください。

なお、システムファイブではOsmo Shieldの有効期限終了後でも当社にて修理対応が可能です(有料)。
DJI認定の整備士が責任を持ってお預かりいたします。ぜひご活用ください。
有料修理受付フォームはこちら

対象製品はこちら 保証プラン単品はこちら

DJI Care Enterprise

サービス内容

DJI Care Enterpriseは、機体の交換サービスを提供する産業機用の保証プランです。
「DJI Care Enterprise Basic」(以下Basicプラン)と「DJI Care Enterprise Plus」(以下Plusプラン)の2種類からお選びいただけます。

【機体の交換】

水没、衝突、落下による破損などが起こった場合に機体を交換できます。
回数、費用はプランによって異なります。
Plusプランでのみ保証内容に修理対応も含みます。
※水没した機器が手元にあることが必要となります。

回数

Basicプラン:1年間に最大2回の製品交換を提供いたします。
Plusプラン:指定のサービス保守限度額内で、1年間に回数制限なく製品交換および修理を提供いたします。

※XTシリーズは交換サービス対象外のため修理対応のみ可能です。
希望するお客様にはXTシリーズの修理対応中、DJIから無償で代替機をご用意できます。

費用

Basicプラン:最大2回の製品交換に対し、別途料金の支払いが必要です。
Plusプラン:追加費用なく提供されます。

【保守限度額共有サービス】

製品を複数購入する場合に、保守限度額を共有することができるサービスです。
同一ユーザーの所有する対象機体であれば、同じ機種間だけではなく、異なる機種間でも共有することができます。
共有額に上限はありません。
※同時期(30日間)に購入した商品のみが対象となります。
※Plusプランに加入した製品でのみ利用できます。

【サービス保守限度額について】

Basicプラン:サービス保守限度額の設定はありません。
Plusプラン:製品ごとに定められたサービス保守限度額が設定され、交換あるいは修理のたび、元の製品の修理料金に相当する金額が差し引かれます。
(保守限度額共有サービスをご利用中の場合は、合算されたサービス保守限度総額から差し引かれます。)

【有効期限】

両プランとも有効期限は1年間です。

プラン内容比較

BasicプランPlusプラン
有効期限1年間
サービス内容交換交換・修理 ※一部機種は交換のみ
交換回数2回まで保守限度額内であれば無制限
交換費用低価格無料
修理対応含まない含む
保守限度額共有サービスなしあり

加入条件

加入には、紐づけする製品が以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 新品かつアクティベーションが行われていない対象ドローン/ジンバルカメラ
  • アクティベーションを行ってから96時間以内の対象ドローン/ジンバルカメラ
  • DJI JAPANカスタマーサポートで点検・修理した対象ドローン/ジンバルカメラ
    (点検・修理完了後、購入に関する通知を受取ってから72時間以内)

ご購入前にこちらの利用規約をご確認ください。

こんな方におすすめ

Plusプランがおすすめの方

  • 修理か交換か自分で選びたい
  • お持ちのドローンフリート全体を守りたい
  • 修理中の代替機器を用意して欲しい
  • 修理にかかる時間を短縮したい

Basicプランがおすすめの方

  • 製品を万全な状態に戻したい
  • 修理時の費用を抑えたい
  • 修理にかかる時間を短縮したい
対象製品はこちら 保証プラン単品はこちら

DJI Care Enterprise Renew

サービス内容

DJI Care Enterprise Renewは、産業用ドローンの保証プランであるDJI Care Enterpriseを12カ月間延長する保証サービスです。
「DJI Care Enterprise Basic Renew」(以下Basicプラン)と「DJI Care Enterprise Plus Renew」(以下Plusプラン)の2種類からお選びいただけます。
※DJI Care Enterprise RenewはすでにDJI Care Enterpriseにご加入いただいている方のみご加入できます。

Basicプラン
有効期間内の正常な使用と操作によるDJI Enterprise製品への損傷に対しては、特別価格によるリフレッシュ交換を1回行うことができます。さらには、対象パーツのメーカー保証期間が12カ月延長されます。メーカー保証延長期間内に製品品質の問題を原因とする損傷が発生した場合、DJIはお使いの製品に対する修理費を負担します。
※購入済のDJI Care Enterprise Basicに残っているリフレッシュ交換回数は、DJI Care Enterprise Basic Renewには引き継がれません。

Plusプラン
DJI Care Enterprise Plus Renewをご購入と同時に、サービス保守限度額が付与されます。有効期間内の正常な使用と操作によるDJI Enterprise製品への損傷に対しては、サービス保守限度額の範囲内で回数無制限のリフレッシュ交換および無償修理を行うことができます。(交換または修理にかかる費用が保守限度額から差し引かれます。)また、既に購入済のDJI Care Enterprise Plusにてあらかじめ保守限度額を共有済の他製品とは、保守限度額を共有する事もできます。
※購入済のDJI Care Enterprise Plusに残っているサービス内容は、DJI Care Enterprise Plus Renewには引き継がれません。

【機体の交換】

水没、衝突、落下による破損などが起こった場合に機体を交換できます。
回数、費用はプランによって異なります。
Plusプランでのみ保証内容に修理対応も含みます。
※水没した機器が手元にあることが必要となります。

回数

Basicプラン:12ケ間に最大1回の製品交換を提供いたします。
Plusプラン:指定のサービス保守限度額内で、1年間に回数制限なく製品交換および修理を提供いたします。
※XT2などの一部製品はサービス対象外です。

費用

Basicプラン:最大1回の製品交換に対し、別途料金の支払いが必要です。
Plusプラン:追加費用なく提供されます。

【有効期限】

両プランとも有効期限は1年間です。

【保守限度額共有サービス】

DJI Care Enterprise Plusのご加入時に保守限度額の共有をされていた製品は、DJI Care Enterprise Plus Renewにご加入された際に自動で保守限度額の共有がされます。

プラン内容比較

Basicプラン Plusプラン
有効期限 1年間
サービス内容 交換 交換・修理
交換回数 1回まで 保守限度額内であれば無制限
交換費用 低価格 無料
修理対応 含まない 含む
保守限度額共有サービス なし あり※

※DJI Care Enterprise Plusのご加入時に保守限度額の共有をされていた製品は、DJI Care Enterprise Plus Renewにご加入された際に自動で保守限度額の共有がされます。

加入条件

加入には、お使いのドローン/ジンバルカメラが以下の条件すべてに合致している必要があります。

Basicプラン

・DJI Care Enterprise Basicと紐づけ済みであること
・ご利用中のDJI Care Enterprise Basicの有効期間内であること
・DJI Care Enterprise Basicに1回以上のリフレッシュ交換回数が残っていること

Plusプラン

・DJI Care Enterprise Plusと紐づけ済みであること
・ご利用中のDJI Care Enterprise Plusの有効期間内であること
・DJI Care Enterprise Plus購入時に付与されたサービス保守限度額が30%以上残存していること
(他製品と共有している保守限度額の総額では算出しません。対象となる製品単体に付与された保守限度額で算出します)

サービス対象機体

Basicプラン

Matrice 200 V2、Matrice 210 V2、Matrice 210 RTK V2、Matrice 300 RTK、Phantom 4 RTK、P4 Multispectral、Mavic 2 Enterpriseシリーズ、Mavic 2 Enterprise Advanced、M2EA RTK Module、Zenmuse H20、Zenmuse H20T、Zenmuse P1、Zenmuse L1

Plusプラン

Matrice 200 V2、Matrice 210 V2、Matrice 210 RTK V2、Matrice 300 RTK、Mavic 2 Enterprise Advanced、M2EA RTK Module、Zenmuse H20、Zenmuse H20T、Zenmuse P1、Zenmuse L1

お問い合わせはこちら

システムファイブ DJI認定点検サービス(一般ドローン)

サービス内容

DJIでは、半年に1回あるいは、累計飛行回数200回または累計飛行時間50時間以上のどちらか早い方で、DJI認定整備士による定期点検を推奨しています。
正規代理店のシステムファイブが提供する「システムファイブ DJI認定点検サービス」は、ご加入いただいたDJI製ドローンの精密な点検を、1年間の加入期間内のお好きなタイミングで1回受けることができるサービスです。
DJI認定の整備士が、点検から動作確認、フライトテストまでをしっかり対応。
完了後には実際に点検を行った項目を列挙した点検完了証と、予備のプロペラとあわせて機体をお返しいたします。
当店以外のお店で購入された方でもご加入いただけます。

万一、点検実施時に故障や破損が見つかった場合もご安心ください。
交換パーツ代のみをお客様にご負担いただければ、通常発生する技術料はかからずに修理対応が可能です。

モーター交換対応プランなら、点検時にモーターの新品交換を実施します!
安心してドローンを末永くご利用いただけます。

加入から実施までの流れ

  1. こちらの一覧表より機体とモーター交換の有無をお選びいただき、ご購入のお手続きをお願いします。
    対象機種名に誤りがないかご確認をお願いいたします。加入後の変更は行えません。
  2. 有効期間(点検プラン購入後一年間)の任意のタイミングで、点検をお申し込みいただけます。
    事前に弊社にご連絡いただいた上で、対象のDJIドローン本体と付属品一式を当店指定の窓口まで発送してください。
    なお、発送の際の送料はお客様負担をお願いしております。(返送時は当店が負担いたします)
    ※Inspireシリーズなどカメラジンバル部分交換タイプの機体は取り外した状態でお送りください。(Zenmuseシリーズは点検対象外)
  3. 機体が当店に到着しましたら、DJI認定の整備士が機体の精密点検を行います。
    点検の結果、修理が必要な箇所が発見された場合はご連絡をいたします。
  4. 2~4週間ほどで点検完了後、点検完了証と予備プロペラ共に、機体一式をお送りさせていただきます。
    動作確認の上、安全なフライトをお楽しみください。

※予備プロペラは生産完了になった場合おつけすることができません。
※プロペラの種類が複数ある場合に関しましては、標準のプロペラをおつけします。
※Phantom4シリーズは現行のV2.0用プロペラになります。

点検内容

  • 機体
  • バッテリー
  • 送信機
  • プロペラ
  • モーター
  • バッテリーセル値
  • ネジ脱落
  • 映像転送
  • 録画映像
  • コンパスキャリブレーション
  • IMUキャリブレーション
  • 送信機キャリブレーション
  • 各種センサーキャリブレーション
  • ジンバルキャリブレーション
  • カメラ動作
  • 最新アップデート(点検着手時点)

※機種によって点検項目が異なる場合があります。

1週間点検

ご希望の方には1週間点検として着荷から最短1週間でお戻しいたします。
最短1週間での実施をご希望の方は、点検お申し込み時にお申し付けください。
※適用条件を満たす場合に限ります。

適用条件

1週間点検をご希望の方は、必ず点検お申し込み時にお申し付けください。
適用条件は以下の通りです。

  • サービス対象機体(Inspire 1、Inspire 2、DJI FPVを除く民生機)であること
  • モーター交換なしのプランであること
  • 故障・破損・不良箇所がない機体であること
    ただし、軽微な故障はサービス対象内となります(プロペラ、プロペラベース、分解を伴わないパーツ交換など)

適用外

以下の機体・プランは1週間点検の適応対応外です。
※通常の点検サービスについては問題なくご利用いただけます。

  • サービス対象外機体:Inspire 1、Inspire 2、DJI FPV
  • モーター交換ありの点検プラン(最短10日での実施となります)
  • あきらかに故障・破損・不良箇所が見られる機体
    ただし、1週間点検や短期の返却日指定がなければ、通常通り点検と修理の同時受付が可能です

注意事項

  • 1週間の期間については弊社(名古屋)にてお荷物を荷受けしてから1週間とさせていただきます
  • 返却住所が沖縄、北海道、離島などの場合、単体バッテリーが同梱されていますと、配送の関係で航空便不可の為、別途納期がかかります
  • 官公庁案件など納品書類に社判押印などが必要な場合、別途納期がかかります
ご購入はこちら

DJI定期点検サービス(産業用ドローン)

サービス内容

DJI定期点検サービスは、産業用ドローンの点検サービスです。
DJIでは、半年に1回あるいは、累計飛行回数200回または累計飛行時間50時間以上のどちらか早い方で、DJI認定整備士による定期点検を推奨しています。
ドローンのライフサイクルに応じて、複数の定期点検サービスプランをご用意しております。
ドローンを最適な状態に保つことで、常に安心して作業を行える環境を提供いたします。

【ドローンを最適な状態に保ちます】

  • 作業の安全性を確保
    ドローンの性能を安定した状態に保ち、安全性を確保します。
    また故障による予想外の出費も抑えることができます。
  • 高い作業効率を維持
    作業中断の発生を防ぎ、 高い作業効率を保つことができます。
  • ドローン管理を強化
    オンラインで定期点検記録を確認できるため、ドローンの状態を随時把握することができます。

また、当店以外のお店で購入された方でもご加入いただけます。
お気軽にお問い合わせください。

2つの点検プラン

DJI産業点検プランには、基本点検プランの「Basic」と、Basicの内容に加えて消耗パーツやモーターの交換を含む「Premiumu」の2つがあります。

長期にわたり産業用ドローンを安全に運用するためには、半年につき1回「Basic」プランと「Premium」プランを交互に実施することをおすすめいたします。

プランプラン内容推奨頻度(使用期間)推奨頻度(飛行時間)推奨頻度(飛行回数)
Basic基本機能点検
全面的なクリーニング
アップグレード&キャリブレーション
定期点検完了証明書
6ヶ月50時間200回
Premium基本機能点検
全面的なクリーニング
アップグレード&キャリブレーション
定期点検完了証明書
消耗パーツ交換
モーター交換
12ヶ月100時間400回
推奨定期点検頻度
使用した期間0ヶ月6ヶ月12ヶ月18ヶ月24ヶ月30ヶ月
おすすめ点検プランBasicPremiumBasicPremiumBasic

主な点検内容

※各機種とプランごとに内容が異なります。
※消耗パーツ交換はPremiumプランのみの対応です。

【基本機能の点検】

  • アプリセルフチェック
  • 外観/外部パーツ点検
  • 推進システム点検
  • フライトコントローラ/映像伝送システム点検
  • 障害物感知システム点検
  • ジンバル点検
  • 送信機点検
  • バッテリー点検

【アップグレード / キャリブレーション】

  • IMUキャリブレーション
  • コンパスキャリブレーション
  • ビジョンシステムキャリブレーション
  • ジンバルキャリブレーション
  • 送信機ファームウェアのアップグレード
  • 機体ファームウェアのアップグレード
  • RTKモジュールのファームウェアのアップグレード(RTK対応の場合)

【消耗パーツリスト(Premiumプランのみ)】

  • モーター
  • 機体アームユニット
  • 上部シェルユニット
  • モーターベース下部カバー
  • ランディングギアユニット
  • アンテナベースユニット
  • プロペラ
  • ジンバルプロテクター
  • ジンバルダンパーボール
  • 固定ネジ/ナット

対応機種

各プランごとに、以下の機種に対応しています。

BasicプランPremiumプラン
【Matrice 200シリーズ】
Matrice 200
Matrice 210
Matrice 210 RTK
【Matrice 200シリーズ】
Matrice 200
Matrice 210
Matrice 210-RTK
【Matrice 200 V2シリーズ】
Matrice 200 V2
Matrice 210 V2
Matrice 210 RTK V2
【Matrice 200 V2シリーズ】
Matrice 200 V2
Matrice 210 V2
Matrice 210 RTK-V2
Matrice 300 RTKMatrice 300 RTK
【Mavic 2シリーズ】
Mavic 2 Enterprise
Mavic 2 Enterprise Dual
【Phantom 4シリーズ】
Phantom 4 RTK
P4 Multispectral

※点検対象は「ドローン本体」 + 「製品箱に収納可能な送信機とバッテリー」 + 「機体一体型カメラ」 です。
※「DJI Mavic 2 Enterprise ZOOM スマート送信機タイプ」などのスマート送信機が初めからセットになっている商品は、「製品箱に収納可能な送信機とバッテリー」にスマート送信機が適応されますので機体と一緒にお送りください。
※非一体型ジンバルカメラは点検対象外となります。

ご利用の流れ

希望するプランの点検サービスをご購入いただいたのち、有効期間内のお好きなタイミングで点検のお申込みを行っていただけます。
本サービスは製品の購入時だけではなく、いつでも何回でもご購入いただけます。

サービスの購入について

こちらの一覧ページからご希望のプランをお選びいただき、当社までお問い合わせください。個別に担当者がご案内いたします。
ご購入がお済みの後、専用のコードを発行してお送りいたします。

点検のお申込みについて

  1. こちらの点検お申し込みフォームからコードなどの必要事項を記入してお申込みください。
  2. お申込み確認後、当社からお客様宛に「発送登録書」を送付いたします。
  3. 「発送登録書」を印刷していただき、製品と同梱してDJIカスタマーサポート宛に着払いにてお送りください。
    ※点検機体は当社ではなく、直接DJIカスタマーサポートにお送りください。
    ※送料はDJI負担となります。点検終了後の機体は元払いにてお客様にご返送されます。
  4. メーカー側で点検を行い、完了後すみやかに返送いたします。

定期点検サービス記録の確認

サービス進捗状況の確認はこちら
※ケースナンバーは発送登録書右上のQRコード下に記載されているCAS-からはじまる番号です。

サービス利用履歴確認および定期点検完了証明書のダウンロードはこちら

FAQ

  • サービスの適用条件について
    無断分解/改造/水没が発生しているドローンは本サービスの適用対象外です。
  • 1つのアクティベーションコードでサービスを受けることができる回数について
    1つのアクティベーションコードにつき1回までサービスを受けることができます。
  • アクティベーションコードの有効期限について
    アクティベーションコードの有効期限は、購入から12ヶ月です。
  • ドローンとジンバルカメラのシリアルナンバー(SN)の確認方法について
    Matriceシリーズのシリアル番号はセントラルボードの内側(排気口付近)に記載されています。
    Phantom 4 シリーズのシリアル番号は、バッテリー収納部の内側に記載されています。
    Mavic 2 シリーズのシリアル番号は、バッテリー収納部の内側に記載されています。
  • 対応機種以外へのサービスの提供について
    本サービスの対応機種以外の製品に対して定期点検サービスをご希望の場合はお問い合わせください。
  • DJI定期点検サービスの対応パーツは何ですか?
    お使いのドローンが本サービスの対応機種の場合、製品一式(本体、購入時の製品箱/ケースに収まる数の送信機とバッテリー)が本サービスの対応パーツになります。
    購入時の製品箱/ケースに収まらない数のバッテリーや送信機についても定期点検サービスをご希望の場合はお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

DJIドローン交換サービス

サービス内容

「ドローンの修理、思ったより時間がかかる……」
「すぐに次の案件・仕事があるのに困る!」
と思ったことは無いですか?

DJIドローン交換サービスは、故障した機体を正常動作品に交換するサービスです。
事前の加入は必要ありませんので、急なトラブルがあったときすぐにご利用いただけます。

【最短翌日お届け】

通常、修理交換で2~3週間かかるところを、大幅に短縮できます。ドローンを使う予定がある時でも安心です。

【面倒な梱包不要】

お届けと同時にお客様のドローンを集荷いたします。お届け時の専用ケースに収めて引取りいたしますので、その場でご用意いただくのはドローン本体のみ。

【後日請求書払い】

交換サービスの費用は、後日送付する請求書にてお支払いいただけます。お支払いまで十分に時間がとれるので便利です。

対象品

  • システムファイブで購入したMavic 2 Pro/Zoom
  • DJI Care Refresh 未加入のドローン
  • 購入時とシリアルナンバーが同じドローン

【交換対象外の製品】

  • 正常に動作(フライト・撮影)するドローン
  • メーカー認定業者以外が分解・改造したドローン
  • メーカー保証期間内のドローン

ご利用の流れ

  1. こちらのフォームから必要事項を記入してお申込みください。
  2. 当社からご連絡したのち、交換品を出荷いたします。
  3. 交換品のお届けと同時にお手元の製品を集荷いたします。
  4. 後日ご請求書を送付いたしますのでお支払いをお願いします。

費用について

機種ごとに設定している最大修理料金の範囲内で、破損の度合によって変動します。
最大修理料金以上の料金を請求することはありません。

大規模な破損、水没時(最大修理料金)
Mavic 2 Pro Mavic 2 Zoom
通常修理 費用 ¥162,250(税込) ¥129,250(税込)
納期 2~3週間
ドローン交換サービス 費用 ¥166,650(税込) ¥133,650(税込)
納期 最短翌日お届け!

過去の事例

Mavic 2 Proを木にぶつけてしまい、墜落。プロペラの破損と打痕の修理を依頼した場合。

(過去の事例)Mavic 2 Proを木にぶつけてしまい、墜落。プロペラの破損と打痕の修理を依頼
Mavic 2 Pro
通常修理 費用 ¥44,000(税込)
納期 2~3週間
ドローン交換サービス 費用 ¥57,200(税込)
納期 最短翌日お届け!

その他、アームの破損程度のみであれば、最大修理料金の半額程度に収まる場合がほとんどです。

FAQ

  • 交換後、飛行申請はいままで通り同じ手順でできますか?
    機体が新しいものになるので、変更になります。
  • 交換後、機体のシリアルNo.は変更になりますか?
    保険会社に「修理でシリアルNo.が変更になった」と新しい機体の番号と合わせてお伝え下さい。
  • 現在の機体は自賠責保険に加入していますが、交換後はどうすれば良いですか?
    シリアルNo.が変更になっておりますので、地方航空局等に変更申請をして頂く必要がございます。
  • 現在の機体にステッカーを貼ったり、絵を描いてデコレーションしていますが、交換後はどうなりますか?
    申し訳ございません。ステッカー等を剥がしてご返却などは難しい為、事前にお客様の方で機体に貼り付けてあるステッカー等は剥がしておいていただきますようお願い致します。
  • 交換の際、送料負担はどうなりますか?
    お手数ですがお客様にご負担していただく形になります。
    ただ、修理代と合わせてご請求致しますので、お届けの際に運送会社に送料をお支払い頂く必要はございません。
  • 動作は正常ですが、細かな傷がついてしまったので交換できますか?
    交換そのものは可能ですが、機体の点検料を頂く事になります。ただ、交換品も「あくまで飛行に問題のない機体」となり、微細な傷がついている場合がございますので、ご了承下さい。
  • 交換時、バッテリーやプロポも交換できるのでしょうか?
    現在、交換出来るのはプロペラを含む機体のみとなります。
  • 交換前の機体からSDカードを取り出すのを忘れてしまいました。返却してもらえますか?
    ご返却可能です。ただ、お客様が弊社にお送り頂いた機体の修理が完了次第となり、別途送料を申し受けますのでご了承下さい。
  • 交換品は新品ですか?
    交換品はあくまで「新品同等の性能および安全性が保証された製品」です。性能及び安全性に影響しない小傷等についてはご了承頂くようお願い致します。
お申込みはこちら

無償付帯賠償責任保険

 

エアロエントリー社が提供する賠償責任保険は、もしもの時の賠償金等を補償するDJI公認のドローン保険です。
DJI製品の購入特典として、1年間無償で付帯されます。
※補償を受けるには登録手続きが必要です。

詳細はエアロエントリー社のサイトをご確認ください。

詳細はこちら

ドローン出荷前検査[無料]

サービス内容

安心の事前動作確認、ファームウェア更新済みにてお届け!
システムファイブでは、お客様のご要望にあわせてDJI認定のドローン専門整備スタッフが出荷前に機体の動作チェックやソフトウェアのアップデートを実施していますので、お客様の元に到着次第、安心してすぐにフライト準備を行っていただけます!

安全なフライトのためには欠かせない動作チェック。
当店でお買上げいただいたお客様だけの特別サービスです。

ご注意ください

出荷前検査をご希望いただいた場合、DJIの有料サポートプログラム「DJI Care Refresh」をご利用いただくことができません。
(お手元に届く前に加入可能な時間を超過してしまう可能性がある為。)

ご注文時に「DJI Care Refreshに加入する」をお選びいただいた場合は、出荷前検査は行わず未開封でお届けします。

チェック項目の例

  • 充電器動作チェック
  • プロポ、本体バッテリーの充電チェック
  • プロポ、本体、カメラジンバル、バッテリーの最新アップデート
  • プロポモード1(日本仕様)への設定変更
  • IMUキャリブレーション
  • カメラジンバルキャリブレーション
  • 画像転送チェック
  • 室内フライトチェック
ドローンのご購入はこちら
ドローンカテゴリTOPへ
上へ戻る
お問合せフォーム