キヤノン EOS C300 Mark III/EOS C500 Mark II/EOS C70ファームウェアアップデートのお知らせ

キヤノン「EOS C300 Mark III」「EOS C500 Mark II」「EOS C70」のファームウェアアップデートが発表されましたのでご案内いたします。

EOS C300 Mark III / EOS C500 Mark IIが8月中旬頃、EOS C70が7月中旬頃に公開予定となっております。

主なアップデート内容

【EOS C300 Mark III / EOS C500 Mark II】※8 月中旬頃公開

  • 映像出力機能の拡充
    5.9K RAWもしくは4K記録時、12G-SDI出力に 2048×1080、UHD 記録時に1920×1080 を追加。
  • LOOK ファイル機能追加
    EOS C70に標準搭載されているLOOKファイル機能をEOS C500 Mark II、EOS C300 Mark IIIにも搭載。これにより、ポストのカラーグレーディング工程を経ずに、短時間で映像を制作することができます。
  • アナモフィック撮影対応の機能向上
    RAW記録時、フルフレームセンサーモード時に4:3(4192×3140)/6:5(3768×3140)の記録解像度を追加。これにより、2倍のアナモフィックレンズで撮影がより効率的になります。(EOS C500 Mark II のみ)
    また、モニタリングにおけるデスクイーズ倍率設定において、2倍/1.3倍に加えて1.8倍を追加します。

【EOS C70】※7 月中旬頃公開

  • AF枠サイズ設定に「全域」を追加、タッチ追尾にも対応
    自動的にAF枠を設定する「全域」を AF枠サイズに追加。
    また、「全域」AF時に、LCDモニター画面上で被写体をタッチしてフォーカスを追尾モードへ移行可能になります。
  • HDMI 出力にビューアシストが適用可能に
    WideDRガンマ/BT.709ガマットに変換するモニタリング用のビューアシスト機能が、HDMI出力にも適用。
  • マウントアダプターEF-EOS R 0.71×の対応 EF レンズ拡張
    「EF16-35mm F2.8L III USM」「EF24-70mm F2.8L II USM」「EF24-105mm F4L IS II USMに加えて、対応EFレンズを7機種拡張。
    ▼対象レンズ
    EF16-35mm F2.8L II USM / EF16-35mm F4L IS USM / EF24-105mm F4L IS USM / EF70-200mm F2.8L IS II USM / EF70-200mm F2.8L IS III USM / EF70-200mm F4L IS USM / EF70-200mm F4L IS II USM
    F値や焦点距離のメタデータを変換し、正確な光学情報を基にAE/オートアイリス、デュアルピクセルCMOS AFが稼働し、周辺光量補正や倍率色収差補正の光学補正が有効になります。
    これまで EF-EOS R 0.71×使用時、常にAF可能範囲枠が表示されていた仕様を、タッチでAF枠操作する時のみ、1秒程度表示する仕様に変更します。

ご注文はこちら!

上へ戻る
お問合せフォーム