火災現場でのDJI Matrice 300 RTK、Zenmuse H20Tの活用事例のご紹介

消火活動における従来の課題として、白煙、水蒸気、障害物などによって、延焼場所を特定するための視界の確保が難しい現場が多い、ということがあります。

赤外線カメラを搭載したドローンを火災現場の上空に飛行させることで、建物や障害物などの全体像を把握し、延焼場所を特定することで、指揮隊への情報がリアルタイムで共有する事が可能になり、効果的に消火活動を行うことができます。

今回はDJI産業用ドローンのフラッグシップ機である「DJI Matrice 300 RTK」と高性能カメラ「Zenmuse H20T」が実際の火災現場で撮影、活用された事例をご紹介します。

まずはこちらの動画をご覧ください。

映像提供:島根ドローンサービスセンター様

家屋火災と異なる点として火がくすぶっており、通常の可視カメラの映像では白煙や水蒸気で火元が全く見えません。
しかしH20Tの赤外線カメラに切り替えることで、熱源をはっきりと確認することができます。
今回の現場では、Matrice 300 RTKの送信機から映像出力を行い、現場の状況をリアルタイムの映像を元に、消防に情報共有を行い、可視では確認できない内部の火に効率的に放水をすることが出来ました。

実際に消火にあたった消防士からも、的確な指示で効率的に消火ができたとの声をいただきました。最終的にMatrice 300 RTKの赤外線の映像を元に、消火確認と消火宣言を行ったそうです。

赤外線カメラというと実際にどんな現場で活用すればよいかがわからない、というお声も多くありますが、この映像を見ていただければ有事の際にも活躍できるということを自治体様などにご納得いただけるかと思います。

Matrice 300 RTKの特長

Matrice 300 RTKの特長

Matrice 300 RTKはあらゆる面で従来の産業用ドローンの性能を上回っています。

飛行音が静かなことに加え、風の乱反射に対しての機体の動きが穏やかで非常に安定性が高いです。GPSの感度も高く、M210RTKがふらつくような条件下でも、しっかりと安定した飛行を行うことが可能です。

産業用ドローンの要でもある飛行時間は最大55分と大幅に改善。スムーズにいかない現場でも、1回のバッテリー交換で点検を完了できます。

最大離陸重量は9.0kg、最大ペイロード重量は2.7kgと増加。カメラを搭載するほかに食料や物資の運搬も可能になります。

さらに、機体の6面すべてに搭載されたビジョンセンサーとTOFセンサーにより、非GPSやGPSが少ない場合でも高い安定性、安全性を維持します。検出範囲のカスタマイズも10cm単位で設定可能に。最小1mまで対象物に寄ることができ、今まで出来なかった現場での点検もできるようになります。

最大飛行時間:
55分

有効飛行時間:
36分
(H20T搭載の場合)

最大離陸重量:
9kg

最大ペイロード重量:
2.7kg

6方向検知&測位技術

ZENMUSE H20シリーズ

ZENMUSE H20シリーズは、必要なセンサーを1つに統合した非常に高性能なカメラです。
ズーム撮影や広角からの撮影でも色味を忠実に再現し、離れた場所からでも十分に高精細な映像を撮影可能。H20Tはさらにサーマルカメラを搭載し、熱画像を撮影可能。正確な温度データを入手できます。

すべての画像において非常に高精細

動画解像度 640×512 @ 30 Hz
画像解像度 640×512

動画解像度 1920×1080@30fps
写真サイズ 4056 × 3040

動画解像度 3840×2160@30fps、1920×1080@30fps
写真サイズ 5184 × 3888
23倍ハイブリット光学ズーム、最大200倍ズーム

可視光カメラ、赤外線カメラともに非常に高精細。細かい傷もしっかりと確認できます。

赤外線カメラについて

今回ご紹介した事例では現場でリアルタイムに火元を特定して消火活動に活かしていましたが、サーマルカメラはその場で活用するだけではなくデータを持ち帰って分析に使用する、という使い方も多いです。

現場で撮影して持ち帰った画像はメーカーが提供するソフトウェア「DJI Thermal Analysis Tool」を使用することで、1ピクセルごとに保存された温度情報をチェックすることが可能です。

DJI Thermal Analysis Toolダウンロードはこちら

H20T 赤外線カメラスペック

DFOV(対角視野):40.6°
温度分解能(NETD)≤50 mK @ f/1.0
瞬間視野角(IFOV)8,889mrad ([画素ピッチ]/[実焦点距離] )
画像解像度 640×512

H20シリーズには赤外線カメラが付属していないモデルもありますが、ご予算に余裕があるのであればぜひ赤外線付きのH20Tをご検討いただくことをおススメいたします。

産業用製品についてのご相談やお見積りのご依頼があれば、下記お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

上へ戻る
お問合せフォーム