サポート

DJI産業用製品保証プラン「DJI Care Enterprise」

DJI Care Enterpriseは、機体の交換サービスを提供する産業機用の保証プランです。
「DJI Care Enterprise Basic」(以下Basicプラン)と「DJI Care Enterprise Plus」(以下Plusプラン)の2種類からお選びいただけます。
水没、衝突、落下による破損などが起こった場合に機体を交換でき、回数、費用はプランによって異なります。

※DJI Care Enterpriseのご利用には水没、破損した機器が手元にあることが必要となります。

DJI Care Enterprise対象製品はこちら

保証プラン単品はこちら

プラン内容比較

BasicプランPlusプラン
有効期限1年間
サービス内容交換交換・修理 ※一部機種は交換のみ
交換回数2回まで保守限度額内であれば無制限
交換費用低価格無料
修理対応含まない含む
保守限度額共有サービスなしあり

DJI Care Enterprise Basic (Basicプラン)

特長

  • サービス有効期間内に最大2回まで低価格の交換サービスを利用可能
  • 新製品と同様の性能と信頼性を備えた交換機器を提供(交換機器は外観に小さな傷がある場合があります)
  • 送料はDJI負担
DJI Care Enterprise Basic交換費用一覧
機体 交換費用初回(税込) 交換費用2回目(税込)
Matrice 200/Matrice 200 V2 67,500円 72,900円
Matrice 210/Matrice 210 V2 91,800円 121,500円
Matrice 210 RTK/Matrice 210 RTK V2 140,400円 162,000円
Matrice 300 RTK 80,300円 91,300円
Phantom 4 RTK 48,600円 54,000円
P 4 Multispectral 49,500円 55,000円
Matrice 600 Pro 64,800円 70,200円
Mavic 2 Enterprise Zoom 24,300円 29,700円
Mavic 2 Enterprise DUAL 35,100円 40,500円
Mavic 2 Enterprise Advanced 61,600円 69,300円
Zenmuse Z30 37,800円 43,200円
Zenmuse X5S 24,300円 29,700円
Zenmuse H20 31,900円 36,300円
Zenmuse H20T 82,500円 94,600円
M2EA RTK Module 5,500円 6,270円
Zenmuse P1 56,100円 62,700円
Zenmuse L1 118,800円 132,000円

※サービス加入費用につきましてはお問い合わせください

DJI Care Enterprise Plus (Plusプラン)

特長

  • サービス有効期間内に指定のサービス保守限度額内であれば回数に制限なく交換/修理サービスを無料でご利用可能です。
    ※修理終了後、修理費用に相当する金額がお客様のサービス保守限度額から差し引かれます。
  • 交換の場合 新品同様の性能と信頼性を備えた交換機器を提供(交換機器は外観に小さな傷がある場合があります)
  • Zenmuse XTおよびZenmuse XT2は修理サービスのみ提供(交換サービス対象外)
    必要があれば追加費用なしでの代替機貸し出し可能(Zenmuse XT、Zenmuse XT2のみ)
    ※ Zenmuse XTおよびZenmuse XT2のDJI Care Enterprise Plusは生産完了していますが、サービスは継続しています。
    ※代替機器貸し出し中に損傷が発生した場合、DJIは所有者の合計サービス保守限度額から代替機器の修理費用に相当する金額を差し引きます。
  • 送料はDJI負担
DJI Care Enterprise Plus交換費用一覧
機体 保守限度額(税込)
Matrice 200 V2 490,000円
Matrice 210 V2 570,000円
Matrice 210 RTK V2 920,000円
Matrice 300 RTK 564,500円
Phantom 4 RTK 445,500円
Mavic 2 Enterprise Advanced 579,700円
M2EA RTK Module 62,700円
Zenmuse Z30 400,000円
Zenmuse X5S 250,000円
Zenmuse H20 403,260円
Zenmuse H20T 1,053,800円
Zenmuse P1 641,300円
Zenmuse L1 1,342,000円

保守限度額共有サービス(Plusプランのみ)

DJI Care Enterprise Plus製品を同時期(30日間)に複数購入する場合、それらをアクティベーションし、DJI Care Enterpriseのアカウントに紐づけることにより、保守限度額を全体で共有することができるサービスです。
異なる機種間でも保守限度額を共有することが可能で、共有額に上限はありません。

サービス利用例

Matrice 300 RTK + Zenmuse P1の場合
564,500円 + 641,300円 = 保守限度額共有サービス 1,205,800円(合計)

サービス利用例

共有した限度額はMatrice 300 RTK、Zenmuse P1どちらの製品の交換、修理にもお使いいただくことができます。

サービス利用条件

  • 同一ユーザーのドローン/ジンバルカメラであること
  • 30日以内にDJI Care Enterprise Plusとの関連付けがされていること
  • 各ドローン/ジンバルカメラが同じ国で購入されていること

加入条件

加入には、紐づけする製品が以下のいずれかの条件を満たしている必要があります。

  • 新品かつアクティベーションが行われていない対象ドローン/ジンバルカメラ
  • アクティベーションを行ってから96時間以内の対象ドローン/ジンバルカメラ
  • DJI JAPANカスタマーサポートで点検・修理した対象ドローン/ジンバルカメラ
    (点検・修理完了後、購入に関する通知を受取ってから72時間以内)*

*修理後の機体について……修理お申込み時に既にDJI Care Enterpriseにご加入履歴のある機体につきましては、修理完了後に再度DJI Care Enterpriseに新規でご加入いただくことはできません。詳しくはお問合わせください。

ご購入前にこちらの利用規約をご確認ください。

こんな方におすすめ

Plusプランがおすすめの方

  • 修理か交換か自分で選びたい
  • 保守限度額共有サービスでお持ちのドローンフリート全体を守りたい
  • 修理中の代替機器を用意して欲しい(Zenmuse XT、Zenmuse XT2のみ)
  • 修理にかかる時間を短縮したい

Basicプランがおすすめの方

  • 製品を万全な状態に戻したい
  • 修理時の費用を抑えたい
  • 修理にかかる時間を短縮したい

DJI Care Enterprise対象製品はこちら

保証プラン単品はこちら

上へ戻る