Hollyland「MARS 300 PRO」がアップデートで屋外でも使用可能になりました!

Hollyland「MARS 300 PRO SINGLE TRANSMITTER」「MARS 300 PRO STANDARD」「MARS 300 PRO ENHANCED」の最新ファームウェアが更新されました。

これまでは屋内のみ使用可能でしたが、最新ファームウェアによって屋外でもご使用いただけるようになりました!
ユーザーの方はアップデート方法をご覧になり、ぜひアップデートしてご使用ください。

アップデート内容

  • DFS(Dynamic Frequency Selection)を実装
    ※DFS機能により今までより接続に時間がかかります。
    ※DFSが動作するチャンネルは3〜8chです。1,2chは変更ありません。屋外で電源を入れる前に3〜8chに変更してください。
  • 選択可能なチャンネルが4チャンネルから8チャンネルに拡張(日本仕様のみ)
  • 技術適合番号の変更

アップデート方法

【ご用意いただくもの】

  • FAT32でフォーマットされたUSBメモリ16~32GB(接続はType-Cで行います。)
  • フル充電されたバッテリー
  • OTG対応USBケーブル

【アップデート用ファイルのダウンロードはこちら】

送信機&受信機用データ(Standard & Single TX用)

送信機&受信機用データ(Enhanced用)

※FAT32にフォーマットしたUSBメモリのルートディレクトリにダウンロードしたファイルをおいてください。

【アップデート手順 (送信機 例)】

  1. 本体側面にあるロールボタンを長押し、送信機のファームウェアバージョンを確認してください。
    今回アップデートされるバージョンは1.0.1.9です。
    バージョンが同じ、またはこれより新しい場合、アップデートは不要です。
  2. 本体の電源を入れます。
    送信機のチャンネルchは「-」から「数字」に変わった後アップデート可能です。
    判断できない方は電源をonにし、一旦放置して2分経ってからアップデートを行ってください。
  3. 本体側面にあるUSB-Cコネクタにメモリを接続し、しばらくするとアップデートが始まります。
    アップデート完了はスクリーンで表示されます。
    故障の原因となりますので、アップデートが完了するまで電源を切ったり、USB接続の切断は絶対にしないでください。
  4. アップデートが完了した後に、送信機ファームウェアバージョンを確認してください。

送信機、受信機どちらもこの手順でアップデートを行います。

ご注文はこちら!

上へ戻る
お問合せフォーム