2021年、これまでになかった全く新しいカメラが誕生しました。
その名も「DJI Ronin 4D」

このジンバル一体型のシネマカメラは、DJIがこれまでに培った経験のすべてを詰め込んだ技術の結晶体です。

彼らが目指したのは誰でも簡単に映画のような映像が撮影できるカメラ
DJI Ronin 4Dはまさにその理想をかなえるカメラとなっています。


▼実際に見て体験していただける商談会を、毎日開催中!詳しくはこちらから!

製品の特長

3軸プラス縦軸(=4軸)のジンバル

従来のジンバルにもあったパン(ヨー)、ティルト(ピッチ)、ロールの三軸の制御に加えて縦方向(Z軸)の振動を押さえるアームを搭載。
補正が難しかった縦揺れを効果的に抑え、誰でも簡単になめらかな映像が撮影できます。

バランス調整の簡略化

ジンバルで撮影する際、最初の壁となるバランス調整。
これまでの大型ジンバルでは厳密にヨー・ピッチ・ロールの3軸を調整する必要がありましたが、DJI Ronin 4Dではヨー軸とピッチ軸のふたつを大まかに調整するだけでOK。
強力なモーターパワーによるサポートのおかげで、バランス調整が非常に簡単になりました。
また4番目の縦揺れを補正するZ軸についても、おおよその重量バランスを取るだけで、あとはZ軸の支点に搭載されたモーターと本体のセンサーが地面との距離を測定して適切なパワーをコントロールしてくれます。

Z軸センサー

LiDAR技術を使ったオートフォーカス

自動車の自動運転や自動ブレーキなどでも使われているLiDAR技術を搭載することで、わかりやすいフォーカスの可視化に成功しています。

最大4km伝送の専用トランスミッター&モニター

ドローンの伝送技術を用いたDJI O3 Proの採用により、オプションのDJI 4D映像トランスミッターを本体に取り付けることで、最大4km先までの伝送を実現。DJI 高輝度遠隔モニターでの遠隔操作も可能です。

マウント交換可能

カメラのレンズマウント部を交換出来るため、DJI製のDLマウントの他、現在広く使われているEマウントレンズや小型ながら高性能レンズが多く揃っているMマウントレンズが利用可能です。

»メーカーで動作確認が取れているレンズはこちら(メーカーサイトPDF)

高精度なオートトラッキング

DJI Ronin 4Dは優れた画像認識が可能となっており、被写体に回り込んで撮影するようなカットであっても完全オートで撮影が可能です。

専用SSDによるProRes RAW収録

新しく専用に作られたPRO SSDを利用する事でProRes RAWが収録できるため、ハイエンドな映像製作でも利用可能です。
ProRes RAWが必要なければCFexpress TypeBやUSBによるSSDといった汎用メディアにも対応。

※8Kモデルは標準で付属しています。

DJI Ronin 4Dの商品ページはこちら!

システムファイブ限定キット

さらに、システムファイブではおススメのセットを用意しました。

DJI Ronin 4D 6Kエントリーキット

¥981,200

Ronin 4Dを始めるならまずはこのセットから!本体とSSD、SSDマウントをセットにしており、お好みのDLを購入すればすぐに始められます。

DJI Ronin 4D 6K Eマウントアダプターキット

¥1,008,700

Eマウントレンズをお持ちの方はこのセットがおススメ!対応レンズをお持ちであればすぐに使えます。

DJI Ronin 4D 8K Eマウントアダプターキット

¥1,347,500

Eマウントレンズをお持ちの方はこのセットがおススメ!対応レンズをお持ちであればすぐに使えます。

DJI Ronin 4D 6K プロキット

¥1,261,700

Eマウントアダプター、専用トランスミッター、遠隔モニター、遠隔モニターから映像出力用に必要なエキスパンションプレートをセット。Ronin 4Dの持つ機能を存分に生かしたい方はこちらがですおススメです。PROSSDの運用に必要なものも同梱しています。

DJI Ronin 4D 8K プロキット

¥1,600,500

Eマウントアダプター、専用トランスミッター、遠隔モニター、遠隔モニターから映像出力用に必要なエキスパンションプレートをセット。Ronin 4Dの持つ機能を存分に生かしたい方はこちらがですおススメです。

DJI Ronin 4D 6K コンプリートキット

¥1,489,400

Ronin 4Dのアクセサリーを全て含めたセットです。あとはお好みのレンズを付ければRonin 4Dであらゆる撮影が出来ます。

DJI Ronin 4D 8K コンプリートキット

¥1,828,200

Ronin 4Dのアクセサリーを全て含めたセットです。あとはお好みのレンズを付ければRonin 4Dであらゆる撮影が出来ます。

6K・8Kの仕様比較

DJI Ronin 4Dには、6Kコンボと8Kコンボの2バージョンがあります。
DUAL ISOを採用しており、さらにセンサーサイズはF35(フルサイズセンサー)を採用しているため、低照度下であってもノイズが出にくく非常にきれいに撮影可能です。
それぞれのコンボには、異なるスペックのX9ジンバルカメラが同梱されています。
また、その他の同梱品も異なりますのでご紹介します。

主なスペック

一般
本体サイズ 235×115×160 mm
全体サイズ 309×290×277 mm
※6Kコンボの同梱物を全て使用し、メインモニターが取り付けられ、Z軸がオフの状態で測定。
ジンバル重量 約1.04 kg
本体重量 約1.45 kg
全体重量 約4.67 kg(コンボに同梱されたモジュールを全て取り付けた状態。レンズとストレージカードを除く)
最大動作時間 約150分
※完全充電されたTB50バッテリーを使用し、Ronin 4Dのジンバルのバランスが取れ、静止した状態で、Z軸がオフで、RAW連続録画している場合。ジンバルを動かしたり、Z軸を使用すると、動作時間が短くなります。
インテリジェント機能 ActiveTrack Pro、オートフォーカス(顔認識・人体認識や、あらゆる被写体の構図調整に対応)
保管環境温度 -20℃〜60℃
動作環境温度 -10℃~40℃

6Kと8Kの違い

DJI Ronin 4D 6K DJI Ronin 4D 8K
カメラ
EI(露光指数)範囲 EI 200-12800
デュアルネイティブISO 800/5000
EI 200-12800
デュアルネイティブISO 800/4000
有効画素数 24.1 MP 35.4 MP
最大ビットレート 6008×3168、48fps
RAW 3.4Gbps
8192×4320、60fps
RAW 3.95Gbps
同梱品
ジンバルカメラ Zenmuse X9-6K Zenmuse X9-8K
PROSSD 1TB -
PROSSD マウント -
USB-C - USB-Cケーブル -

アクセサリー展開図

アクセサリー展開図

DJI Care Pro

DJI Ronin 4Dは製品保証として、通常のDJI製品の保証プランであるDJI Care Refreshよりもさらに手厚いサポートが受けられる、新しい保証プラン「DJI Cara Pro」に加入できます。


Care Refreshからの進化点

»詳しくはこちら(メーカーサイト)

DJI Ronin 4DのQ&Aはこちら DJI Ronin 4Dの製品一覧はこちら

※表示価格はすべて税込です。

上へ戻る
お問合せフォーム